中学受験

中学受験 親の役割~自主勉強ノートはどう作る?

勉強ノート

中学受験をする小学生、よほどしっかりした子でないと、自分でまとめノートを1から作るのは難しいですね。

我が家も、勉強する気はあるけど、どうやればいいかわからない 長男を目の前に、親として試行錯誤してサポートしています。

勉強に入りやすくしてあげよう!

結論から言うと、最も大切なことは、

”ノートにまとめる” 作業のハードルを下げてあげること

めちゃくちゃ重要です。

そもそも、自分のわかっていないことを書いて整理すること自体、小学生の年齢ではなかなかイメージしにくいです。

親がサンプルを作りましょう! 

今回は社会(地理)のノートでご紹介します。

子供の頭の中にノートのイメージがわいてないのだから、実物を作成して、どう??と提案してみました。

中学受験 まとめノート

地理なら、地名・山地・平野名などを知ることは基本です。塾のプリントをコピーして貼り、記号に対応する山地名などをエクセルにまとめました。

名前の右側には、その平野の特徴などを書き込めるスペースを確保。まず、すべて私が作ったので、エクセルでのまとめになっています。

実際に1つのまとめ例を見せて、これならできる!と子供本人に感じてもらえればOK^^

子供が自分でもできそうなノートにする

中学受験 社会ノート

塾のプリントをコピーして貼り、山地名や平野の名前が書けるように枠を作りました。

枠は、あえて手書きをするのがオススメ^^

エクセルを使えるに越したことはないけれど、まだまだパソコンより手書きの方が小学生にはなじみがあります。

手書きで書いたものを見せると、枠くらいなら自分でできる!と思う子がほとんどじゃないでしょうか?好きな色で書けば、楽しさもアップです↑

できた!を実感させる

枠は私が書いたものですが、実際に長男が書き込んだノートです↓

中学受験 社会まとめノート

社会の参考書で調べたり、インターネットで見た情報を、長男なりに書き込みました。雑です(笑)

何よりも大切なのは、〇〇を感じること

ノート作りに取り掛かれなかった子が、自分でまとめることができたことは、かなり大きな一歩です。0→1にできた瞬間・・・^^

まとめの内容が甘くても、クオリティが低くても、できた!という達成感 は何より強い。

まとめノートを復習した後で、再度取り組んだプリントは、確実に正解できる場所が増えていました。この達成感は、自分で努力したからこそのもの。

親子で成功体験をつみあげよう!

中学受験のサポート、親はただでさえ大変です。ノート作りなんて自分でやるか塾で教えてもらって!!と言いたくなりますが、自宅学習の時は親のサポートは必須です。

大変だけど、子供が少しでもできるようになったらうれしいもの^^子供は、親が自分のためにやってくれたと感じると、案外がんばれるものです。

一緒に成功体験を積み上げられるサポート、続けていきましょう♪

 

今日も、”当たり前の日常”に感謝して。よこがおでした。

ABOUT ME
よこがお
はじめまして、"よこがお"です。 家族が一番大切な、30代女ゆるい正社員です。 人には聞きづらい、中学受験の家庭のヒミツ。そのためのお金のことも!ブログで楽しく発信します^^